薬を飲もうとしている女性

春と秋に毎年のように症状が現れるものに、花粉症があります。花粉症の原因となるのは、スギやヒノキ、シラカバの木やブタクサやヨモギ、イネ科の植物といった花粉であり、花粉症は一度発症してしまうと完治することは難しいので、できるだけ症状を抑えることが大切になってきます。

花粉症の治療薬として知名度がある薬にアレグラがあります。アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩が主成分の薬で、効果はザイザルよりは劣りますが、副作用は少なく眠気がおきにくいです。そして臨床試験においても、判断力や集中力が低下しないことが結果として現れており、仕事や学校生活に影響を及ぼすことがなく、安心して服用できるとして人気があります。

さらにアレグラの場合テレビコマーシャルで頻繁に放送されるようになってから、知名度が大変上がり、注目されるようになりました。効果の度合いはやや弱い位置にあり、鼻水やくしゃみがものすごく出る場合や、目のかゆみがひどい場合には服用してもなかなか効果が現れないことが多いです。ですが、ほかの薬と比べて即効性があり、しかも胃に優しくいつ服用しても大丈夫なため、使用する人が多いのです。

アレグラの副作用は、眠気や口の渇きと書かれているものの、ほとんど起こることはありません。そのため車の運転についての注意事項は書かれておらず、それだけ眠気が起きにくいことがわかります。さらに医薬品のアレグラには、アレルギー性鼻炎の緩和はもちろんのこと、アトピー性皮膚炎やいろいろなシーンでのかゆみにも対応しており、このような幅広い効果がある薬はそう多くありません。同じく人気のあるザイザルには、蕁麻疹や皮膚のかゆみに対しての効果はありますが、アトピー性皮膚炎のかゆみを止める作用はないのです。

そしてアレグラには、花粉症の予防効果もあります。花粉飛散2週間前から服用を開始することで、花粉症の症状が出てもあまり重くなることがなくなりますし、それに伴って薬を服用する期間を短くすることもできます。毎年花粉症に悩んでいる人は、花粉の飛散前である2週間前には、予防としてアレグラを服用すると良いでしょう。花粉がいつ飛ぶかは前年度の気候によりますが、だいたい飛散前にはアプリや天気予報で、花粉の飛散状況が流れますので、そういった情報を参考にし、先手を打って予防を開始するようにします。

予防のために2週間必要なのは、即効性が乏しいため予防薬としての薬の効果が出るのに時間がかかるためです。ちょうど効果が出始めるのが2週間ほどたってからなので、この期間が必要になるのです。予防として使用するときは、まだ花粉症の症状は出ておらず、本当に服用を続けてよいのか悩みますが、アレグラの場合は眠気も起きにくい、集中力や判断力が低下しないといった利点があります。ですので、毎日決められた量を服用することで、花粉症の時期を軽快に過ごすことができるのです。

第二世代抗ヒスタミン薬はほぼすべて予防薬として使用することができるのですが、副作用を気にせず、しかも効果をしっかり得ることができるのはアレグラが代表的なものとなります。予防においても朝と夕方の1日2回、1回あたり1錠を服用するようになっているので忘れないように飲むようにしてください。継続して服用することが大切なのですが、服用を忘れてしまった場合は、時間によっては1回分を飛ばすようにして、2回分をまとめて服用しないようにしましょう。まとめて服用すると、眠気が生じてしまいますし、体にとっても良い影響を与えません。思わぬ副作用を招くきっかけとなるので、必ず時間通りに服用をするように心がけます。